従来の眼圧計とは異なり、点眼麻酔の必要がなく、数秒で測定が終わるため、動物にとってストレスのない検査が可能です。