血液中の細胞成分(赤血球、白血球、血小板)を調べることにより、貧血や感染症をはじめとした血液の病気や異常を検出します。