誤食してしまったら・・・

様子を見ずに、まずは病院までご連絡下さい。

誤食直後であれば、治療の選択肢が増える可能性があります。

「いつ」

「何を」

「どれくらいの量」食べてしまったのか

これらの情報が大切になってきます。可能な限り、誤食してしまった物の現物をお持ちください。

 

内視鏡による異物摘出

「切らずに治す」これが内視鏡の利点です。

異物が消化管の上部にあれば、内視鏡による摘出が可能な場合があります。

内視鏡1当院にある内視鏡です
内視鏡1

内視鏡2実際の様子 

内視鏡2

内視鏡3内視鏡動画

開腹手術による異物摘出

異物の形状や位置により、内視鏡での摘出が困難な場合にとられる最終手段です。

開腹手術1胃より異物を摘出

開腹手術1

開腹手術2腸より異物を摘出

開腹手術2

開腹手術3緩衝材を腸から摘出(フェレット)

開腹手術3

開腹手術4腸より摘出した糸状異物

開腹手術4